ホームホーム > カウンセリング

※ただ今、カウンセリング業務を
休止しております

診療案内

日常生活を送るにあたり、生活のしづらさや悩みを抱えていませんか?
生きていく中で人は誰でも悩み、その悩みも十人十色です。
カウンセリングはそのような生活のしづらさや悩みはどこから来るのか、カウンセラーと一緒に探しだし、自分自身で「気づく」ということが重要になります。
カウンセラーと信頼関係を築きつつ、自分の内面と向き合うのには時間がかかります。カウンセラーは皆さんの問題を理解し「気づき」へのサポートをしながら、二人でより良い方向へ向かうことを目指します。

※なお、カウンセリングのみをご希望の方も医師の診療が必要となりますので、
  ご希望の方はまず診療のご予約をお取り下さい。

面接時間 火・土の午後
料金 50分 / 4,500円(内税)(カウンセリングは完全予約制となります。)
※カウンセリングは保険適用とはなりませんので、全額自己負担となります。
※キャンセルや日時の変更をしたい場合は前日までにお願いします。
※基本的には50分ですが、30分のカウンセリングもございますのでお問い合わせください。

各心理療法

来談者中心療法

無条件の肯定と共感的理解。クライアントが自分自身の悩み、状態、感情などを話すことで、問題解決に導いていく療法です。
誰にも話せなかった悩みや心にあるモヤモヤなど、なんでも話して下さい。

表現療法

絵を描いたり、写真やイラストを貼ったりして言葉以外で感情や気持ちを表現する療法です。
自分が感じていなかった感情や状態を発見できるかもしれません。

リラクゼーション

呼吸法・筋弛緩法・自律訓練法・イメージ。
自分の気持ちのコントロールに役立ちます。

心理検査

あしかがメンタルクリニックでは、今後の治療に役立てるために心理検査を行っております。

※心理検査のみのご予約は行っておりません。まずは医師の診療を受けていただきます。

知能検査(WAIS-Ⅲ)

知的障害やそれらが疑われる場合、診断の補助資料として、また各種申請の資料として使用する場合に行います。

人格検査(Y-G谷田部ギルフォード性格検査、新版TEG、SCT、描画テスト(バウムテスト))

自分自身では気付いていない性格特性や、深層心理、行動パターンを知る手がかりとして実施します。

その他(改訂長谷川式簡易知能評価スケール、MMSE)

認知症が疑われる場合、診断の補助資料として、また各種申請の資料として使用する場合に行います。